③4日目【僕が殺したスズメ】13番札所大日寺~14番札所常楽寺

4日目

前回はこちら

②4日目【みんなの祈りが届きますように】植村旅館~13番札所大日寺
前回はこちら ――― 死について考えること、それも遍路 遍路を歩いていると、 色々な心の状態とであう。 おおむねゆとりのある心持で歩いているけど、 時には焦ったり、 不安だっ...

―――

 

スポンサーリンク

スズメの死の価値

 

13番札所大日寺(だいにちじ)から

14番札所常楽寺(じょうらくじ)へは2.3キロ。

 

3、40分で着く距離だ。

 

次のお寺までの距離が短いと、

気分も楽だ。

 

「一の宮橋」という橋のあたりに来る。

通りが広いとなんとなく下界に降りてきた感じがする。

 

 

橋を渡り切った歩道に子供のスズメが。

 

 

近寄ってもあまり逃げる様子もない。

ただ、ぼくはキャリーを引いているので、

そこにいられると邪魔だ。

 

「おーい、そんなところにいたら危ないぞ~(*’ω’*)」

 

 

なんて、小さな声で話しかけてみる。

遍路の道中は、なんとなく心が優しくなる気がした。

 

しょうがないので、

キャリーを引きながら横を通り抜けようとした。

 

次の瞬間

 

 

 

スズメは車道に飛び出してしまった。

「あっ、、、」

 

と思った時にはもう遅く、

正面から車が猛スピードで走ってきた

 

ダメだ!!!

 

 

その場所は数十メートル先がカーブになっていて、

車が来ているのが見えない。

うかつに飛び出すことができない。

 

 

一台目の車が通り過ぎた

 

スズメは車輪と車輪のあいだにはいり、

タイヤには轢かれなかった。

 

 

でも、車がスズメの上を通ったとき、

飛び上がってしまったみたいで、

ゴン、という音の後、

通り過ぎた車の後には、

ひっくり返ったスズメの姿があった。

 

 

もうダメだ・・・。

 

 

 

 

そう思った次の瞬間、

スズメがよろよろ起き上がった。

ショックで気を失っていたらしい。

 

まだ生きてる!

 

 

そう思った次の瞬間

 

 

次々に来る車の車輪に轢かれ、

血がほとばしるのが見えた。

 

あ…

 

息絶えたのは明らかだった。

 

なんで一台目の車が過ぎたあの時、

飛び出さなかったのか。

とても後悔した。

 

自分の判断力のなさと、

勇気のなさに悲しくなった。

 

別に、動物愛護精神なんて高尚な思いはない。

 

以前、草津でスズメの串焼きがメニューに書いてあるお店に入り、

あまりのまずさに一匹残したくらいだ。

その時はなにもスズメがかわいそうだなんて思わなかった。

 

死が悲しかったんじゃない。

 

もうこの子スズメの親はこの子スズメに会えないんだ、

そう考えると悲しかった。

 

 

コメント

  1. […] 4日目【僕が殺したスズメ】13番札所大日寺~14番札所常楽寺 […]

タイトルとURLをコピーしました