②3日目【どしゃぶりの焼山寺】12番札所焼山寺~親切な植村旅館

3日目

前回はこちら

①3日目【いざ、遍路転がし焼山寺へ】12番札所焼山寺~親切な植村旅館
前回はこちら ――― 遍路の最難所のひとつ12番札所「焼山寺」へ おはようございます。 今日はこれから、鴨の湯を出発し、 昨日行った11番札所藤井寺を再び訪れ、 そこから焼山寺を目指したい...

―――

 

スポンサーリンク

どしゃぶりの焼山寺

 

おじさん二人と別れて、

しばらく歩くと、

心配していた雨が降ってきた。

 

3日目にして雨。

しかも、焼山寺であたるとは。

まぁ楽しくていいか。

 

そんなことを考えながらひたすら歩く。

 

人にもよるけど、

藤井寺から焼山寺までは6時間前後かかる。

 

道はそれほど険しくないものの、

普通に登山。

 

ぼくは、富士山や北アルプスなどを登ったことがあるので、

登山がどういうものか多少は知ってる。

だから辛くても何とかなるけど、

山登りをしたことがない人がこの道を歩くのは、

大変だと思う。

 

それに、昨日、温泉に入って2日分の疲れを癒したからね(*’ω’*)

万全の体調で最低の天候の焼山寺もなんとかいける。

 

長戸庵(ちょうどあん)は藤井寺から3.2キロの場所。

女子専用トイレ。使えるかは未確認

スポンサーリンク


 

みみずがでかい!!

※これ、シーボルトミミズとか言うらしく、釣りのえさに最高なんだとか。

柳水庵(りゅうすいあん)は長戸庵から3.4キロ。藤井寺からは6.6キロ。

だいたい半分近く来ました。

 

辛い中でも、景色を楽しむ心のゆとりを持とうと心がけながら歩く。

お地蔵さんの一つ一つに手を合わせて歩く。

天気が良ければ泊まれそうな小屋を発見

スポンサーリンク


柳水庵ってここか?

水が冷たい。

なんだろうこの花

↓ここどこだっけな。写真の順番があべこべかも

↑この写真の左側に写ってる人、

②2日目『甘酒は最高の飲み物』10番札所切幡寺~11番札所藤井寺
前回はこちら ――― 10番札所「切幡寺」 9番法輪寺前にポツンとお店があります。 ちょっとした軽食とか売ってます。 そこのおばちゃんにご挨拶。 僕「こんにちは♪」 おばちゃ...

の記事で書いた10番札所で撮った写真に写ってた人。

サトウさん(仮名)。

 

 

ぼく
「おつかれさまです!すごい雨ですね」

サトウさん
「いやーほんとですね!」

ぼく
「見たところ、野宿しながらの遍路ですか?」

サトウさん
「一応その予定です。だけど、まだ思いきれなくて、ここまではまだ宿に泊まってます。野宿ですか? どうでした?」

ぼく
「ええ、初日から野宿ですけど、意外と快適にすごしてます(*’ω’*) 今日はどこまで行く予定ですか?」

サトウさん
「今日は焼山寺の宿坊に予約してあります」

ぼく
「そうなんですね! こんな天気ですからね!」

 

一緒に休憩をしつつそんな会話を交わす。

またどこかで会いましょう!

そう言ってぼくは先に出発した。

 

 

スポンサーリンク


 

ほんと、雨がひどくて。デジカメが使えず、iPhone(防水)のカメラも併用して写真を撮るから、アルバムの中の写真がバラバラになっちゃって(*’ω’*)

写真が時系列にアップできてないかも。

この靴、軽登山もいけました(*’ω’*)遍路のために選びに選び抜いた。

彼女が選んでくれた(*’ω’*)

道がだんだんと水路に

だんだんと水路に。。。

あ、タケノコ発見(*’ω’*)

だんだんとすい…、川に。。。

ここは川ではない。。。

 

 

写真や動画ではそれほど雨がひどくないように見えます。

 

その通りです。

本降りの時は雷雨で、

写真を撮っている場合ではありませんでした(*’ω’*)

 

 

 

スポンサーリンク

後記

 

もし、歩き遍路の計画を立てている方がいて、

お困りでしたら、計画のアドバイスをします(*’ω’*)

 

ぼくも遍路に行く前に、たくさんの人のブログを見ました。

こうして、1日目から結願までの全行程を記事にしているいくつかのブログも時間をかけて全部読みました。

 

「ああ、自分にもあんなことやこんなことが起きるのかな!」

「この人のように素晴らしい体験ができるだろうか」

 

そんな色々な思いで読んでいたことを思い出します。

 

ただ、それだけ読んでもどうしても不安はありました。

その時、実際に行った人から直接話が聞けたらどれほど心強かったか。

 

だから、これからお遍路を歩かれる方のお力になれればと思います。

遍路計画のアドバイスが僕からのお接待です(*’ω’*)

 

どうぞご遠慮なくメッセージからでもコメントからでもご連絡くださいね。

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました