④5日目【孤独は幸せをつかみ取る握力】19番札所立江寺~法泉寺前バス停遍路小屋

5日目

前回はこちら

③5日目【通りすがりにポカリをもらう】恩山寺から19番札所立江寺へ
前回はこちら ーーー 前回紹介した標高6.1メートルの 日本一低い山の山頂。 徒歩数十秒でつきます。 18番札所「恩山寺」 20キロ近くの道のり、 とても長かった。 ...

ーーー

 

スポンサーリンク

19番札所立江寺

 

18番札所から19番札所立江寺(たつえじ)までは4キロ。

1時間でつく距離だ。

 

 

19番の札所でお勤めを終えると、

昨晩、栄タクシーの宿で一緒だったフランス人カップルの男性のほうに会った!

 

「ハーイ、チボさん」(*’ω’*)

 

彼はチボという名前だ。

僕たちより遅く出た彼らは、

先についていた。

 

今日はここに泊まるらしい。

井上さんを見なかったか聞いてみる。

 

さっき会ったという。

どうやらここのお寺の宿坊にみんな泊まるらしい。

フランス人カップルと井上さんは今晩も一緒か。

僕は別な場所だ。なにせ基本野宿だから。

なんか寂しいぜ(*’ω’*)

 

チボに井上さんを呼んでもらおうと思ったけど、

境内も広いし、どこにいるのかもわかりづらかったため諦めた。

無事に到着したとわかっただけで充分だ。

 

今朝もらったチオビタドリンクは一人で飲もう…

 

 

心の中で井上さんにお別れをし、

境内を歩いていると、

年配のご夫婦に会った。

二人は55年の結婚記念で四国遍路を歩いているのだという。

素敵な夫婦だった。

 

お二人もここの宿坊に泊まるという。

なんだ、みんな一緒か。

なんかますます寂しいぜ(;・∀・)

 

だけど、今までも、

人と一歩違う行動をするからこそ見れる景色や

味わえる感動があった。

 

年齢を重ねるごとに、

孤独というのが幸せには絶対になくてはならない要素なんだと思うようになってきた。

 

今の僕は、

「孤独とは幸せをつかみ取る握力」だと思っている。

孤独に耐えられる人だけが、

最後には幸せを手に入れられる。

 

逆に、孤独に耐えられない人は、

いつも心の隙間を埋める何かを探し求め、

本当に大切なことを落っことしていく。

 

お遍路も、そういう孤独に耐えられないと、

本当に価値のあるものを見過ごして歩くことになる。

そんな風に思った。

 

通りがかりにあった木

 

スポンサーリンク

法泉寺前バス停のプレハブに泊まる

17時近くなって19番札所を後にする。

今日の宿泊予定地は法泉寺前バス停の前にある遍路小屋だ。

19番札所からは4キロ弱。さらに1時間の距離だ。

 

このバス停のすぐ右側にその小屋はあった。

 

 

想像以上に建物が立派で、

19番札所の納経所の人に、

無人の小屋だから、

勝手に入って泊まって大丈夫だと聞いてなかったら、

ここには多分泊まれませんでした。

 

トイレもちゃんとありました。

 

中もまた立派です。

暑いですが。。。

 

このプレハブの前には、

会社があるのですが、

そちらの方が管理しているのかな?

そんな感じのところです。

 

近くに自動販売機もあります。

 

 

 

ペットもいました。

 

今日の夕食は、自宅から持参したカロリーメイトと、

井上さんにもらった昆布、それから青汁です(*’ω’*)

スポンサーリンク


 

 

こちらではコンセントまで使わせて頂けたのでとても助かりました。

野宿で一番困るのはスマホの充電です。

基本的にスマホは電源を切ってありますが、

なんだかんだと使うことがありますので(*’ω’*)

 

ちなみに、カメラのバッテリーは40日もつように持っていきました。

1週間に3つくらいを想定し、

ざっくり5週で15個くらい。

純正じゃなくて互換の安いバッテリーです。

とても助かりました。

 

小屋の前の道路はそれなりに大きい道なのに、

夜が更けるとまったく車が通らなくなります。

 

昨晩とは打って変わって静かな夜。

電気を消し、早めに寝袋に入ります。

お気に入りの曲、

jujuの「やさしさで溢れるように」を聞きながら、

5日目が終わっていきました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました