④12日目「物静かな夜」~29番札所国分寺への道中

12日目

前回は、焼山寺以来の知り合い遍路に出会い、別れたところまででした。

(今日は12日目歩き遍路2018年5月22日の旅日記)

お知らせ

この上の「(今日は12日目歩き遍路2018年5月22日の旅日記)」という部分の表記ですが、過去の記事で2019年になっていました。正しくは2018年5月の旅です。

ーーー

前回はこちら

③12日目「難所を超えたら友⁉久しぶりの再会」28番札所大日寺~29番札所

③12日目「難所を超えたら友⁉久しぶりの再会」28番札所大日寺~29番札所
前回は、28番札所大日寺で、少年のようなおじいさんにあった話でした。 (今日は12日目歩き遍路2018年5月22日の旅日記) ーーー 前回はこちら ②12日目「一番大切にしたいのは歩くことではなく出会うこと」28番札...

ーーー

サトウさんと別れて、29番札所を目指す。

 

そういえば、28番札所で、おじいさんとあんなに長話をせず、

先を急いでいたら、サトウさんには会えなかったな。

 

なにが幸となるか不幸となるかなんて誰にもわからないんだから、

起こることすべてを受け入れていく。

そういう姿勢が大事だよね。

 

病気やケガもそう。

もし、病気をしなければ出会えなかった人や優しさがあるかもしれない。

もしケガをしなければ、もっと大きな事故に巻き込まれていたかもしれない。

 

どんな出来事にも、その意味を与えるのは僕たち自身の仕事なんだよな。

 

 

 

 

 

踏切がランタンみたい

おお、これは電車か!?

 

そういえば、遍路1日目に乗ったディーゼル車は、

あれ、汽車なんだって四国の友達に聞いた。

①1日目『期待と緊張』徳島駅から1番札所「霊山寺」
四国野宿歩き遍路の旅1日目。板東駅から1番札所霊山寺を目指します。霊山寺で遍路用具をそろえ、期待と緊張の中本堂と大師堂でお勤めを終え、本格的に四国遍路が始まります。

 

このピンクの卵みたいなやつが稲に大量についてた。

 

 

28番札所でおじいさんにもらった飴を食べながらすすむ。

 

29番札所国分寺到着

16時50分くらい。ギリギリだった。

先に納経だけ済ませて、一息ついてからお勤め。

境内には一人きり。

きっと今日最後の遍路だろう。

大きな声で経を読んだ。

 

さて、今日のお勤めはすべておしまい。

 

これから寝場所探しだ。

 

地図を広げ泊まれそうな場所を探す。

 

ここから5キロほどのところに、遍路小屋があるようなので、

そこを目指してみる。

 

着いたころにはすっかり日が暮れてしまった。

 

今日の宿。バスの停留所ではありません。

今日はこの後、雨の予報だったので、むりやり屋根の下にテントをねじ込む。

他に人がいなくてよかった。

 

遠くに街灯が一本ある。

 

とっても物静かな夜。

 

 

 

おまけ

 

右上の徳島からここまで歩いてきました。

コメント

  1. […] ④12日目「物静かな夜」~29番札所国分寺への道中前回は、焼山寺以来の知… […]

タイトルとURLをコピーしました