③16日目『海で一人遊ぶ誰かと共有したい贅沢な時間』

16日目

(今日は16日目歩き遍路2018年5月26日の旅日記)


前回はこちら

②16日目『遍路という共通の目的があるからみんな友達!?』
(今日は16日目歩き遍路2018年5月26日の旅日記) 前回はこちら ①16日目『37番札所から80キロ!38番札所に向けて出発』 37番岩本寺を出発し「金剛福寺」を目指す。 途中の休...

 

午後に入ってどんどん天気が良くなってきた。

道端で死んでいる蜂を見て、

志賀直哉の「城の崎にて」を思い出した。

小説の中ではイモリだったけど。

こういう小さな生物の死に生への寂しさを感じる。

そういう心の在り方も遍路の持つ意味の一つでもあるのだろうと思います。

 

海も空も最高に奇麗です。

2週間ちょっとでものすごい日焼け

最後に波を全かぶりします…

 

 

海で一人1時間ほど遊び、

またボチボチと歩き出す。

こういう時間は誰かと共有したくなります。

それが人生のパートナーなら最高ですよね。

 

自分の見た景色や心象をどこまでも共有できる人生のパートナーがいれば、

なにを見たってどこにいたって幸せだと思います。

新婚旅行は遍路かな。

 

通りすがりのお堂

変なところに駅

ちょっと心配なお家

それだけで大丈夫なのかと心配になるお家

だけど多分、これは津波の心配というより、地面に建てるとフナ虫がめっちゃ上ってくるのを防ぐためのお家なのではないかと思っています。

 

今日の旅はここまでにしよう。

37番札所から32キロほど歩いてきました。

次の札所まではまだここから50キロ以上離れているので、明日も一日ただ歩くだけになりそうです。

それでも焦らず、景色を楽しんで、道中の出会いを大切にしていきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました