③12日目「難所を超えたら友⁉久しぶりの再会」28番札所大日寺~29番札所

12日目

前回は、28番札所大日寺で、少年のようなおじいさんにあった話でした。

(今日は12日目歩き遍路2018年5月22日の旅日記)

ーーー

前回はこちら

②12日目「一番大切にしたいのは歩くことではなく出会うこと」28番札所大日寺

②12日目「一番大切にしたいのは歩くことではなく出会うこと」28番札所大日寺
前回は、28番札所大日寺で、上のほうからおじさんに声をかけられたところまででした。 (今日は12日目歩き遍路2018年5月22日の旅日記) ーーー 前回はこちら ①12日目『人生の達人との出会い』28番札所大日寺 ...

ーーー

おじいさんとの別れを惜しみながら、28番札所を後にする。

次に目指すのは29番札所国分寺だ。

 

28番札所大日寺から29番札所国分寺までは10キロちょっと。

歩いて2時間半の距離だ。

 

 

あ、

 

 

 

お~!!

 

 

 

サトウさん(仮名)じゃないですか!!

 

②3日目【どしゃぶりの焼山寺】12番札所焼山寺~親切な植村旅館
歩き遍路ブログ3日目、12番札所焼山寺を目指します。この日は土砂降り。11番札所藤井寺(ふじいでら)をでて、長戸庵(ちょうどあん)、柳水庵(りゅうすいあん)を経て焼山寺へ!

 

ーーー

サトウさんは、焼山寺の時に出会った歩き遍路の人

ーーー

28番札所をでたら、ちょうど、後ろから、

28番札所でお勤めを終えたサトウさんがでてきた。

 

おじいさんと話していて気づかなかったんだ。

 

サトウさんとは、どしゃぶりの焼山寺で挨拶を交わして以来。

 

焼山寺というのは、遍路最初の難所。

焼山寺の後に一気に脱落者がでる。

 

だからこそ、ここで再会できる人とはちょっとした感動的な出会いになる。

 

ぼく:

いや~、がんばって続けていらっしゃったのですね(*´▽`*)

そうだ、せっかくこうして再会できたんだから、納札交換させていただけませんか?

 

そういって納札を交換させてもらった。

 

サトウさんは山形からきていた。

仕事で行き詰まりを感じ、なにか、

自分を変えるチャレンジがしたかったのだという。

 

ぼく:

そういえば、サトウさん、その後野宿はどうなりました? 

チャレンジしましたか?

 

サトウさん:

ううん、してない。ずっとビジネスホテル。

もう、テントとか寝袋とか送り返しちゃったよ。

 

ぼく:

うわ~、全部泊まるんですか?(笑)

めっちゃ金かかりますねー!!

 

サトウさん:

うん、でも、旅行だと思えば、

まあそれくらいは出してもいいかなって。

 

ん~、たしかに、野宿ってタイミング外すとやりづらくなるんだよな。

まあ僕は初日から快適に公園で野宿したけど(・∀・)

 

若いとき、半年くらい車で生活したことがあるのが功を奏したな(*’ω’*)

 

サトウさんとは、大日寺をでてから物部川を渡る橋まで、

2.5キロほどを一緒に歩いた。

 

ここでお別れ。

 

サトウさんは、ここから高知市内へ向かいビジネスホテルを探すのだという。

僕は、今日中に29番札所を目指す。

 

サトウさんが言っていた。

この遍路で一番つらいのは、宿を探すことだと。

 

なにか違うぞサトウさん(;・∀・)

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました