②15日目『炎天下の中で氷のお接待』

15日目

(今日は15日目歩き遍路2018年5月25日の旅日記)


前回はこちら

①15日目『37番札所岩本寺まで60キロ!』

①15日目『37番札所岩本寺まで60キロ!』
(今日は15日目歩き遍路2018年5月25日の旅日記) 前回はこちら ②14日目『土佐の札所36番青龍寺』 昨日終えた36番札所から次の札所の37番札所岩本寺(いわもとじ)まではおよそ60キ...

 

 

今日で野宿遍路15日目。

ここまで体調面はかなり万全に来た。

遍路に来る前に特に歩く練習などもせずに来たんだけど、

足腰の痛みも特になく、

足のマメも一つもできていない。

 

ただ、やっぱり疲労はたまってきている。

休憩してから身体を動かそうとすると、

全身が痛くて動きがぎこちない。

そりゃ、日ごろ一日デスクから離れない生活をしているのに、

急に毎日30キロ以上も歩いているんだから当然か。

 

それでも、歩き始めるとその痛みも和らぎなんとかなってしまう。

ー。

 

37番札所はけっこう標高の高いところにある。

ひたすら坂をのぼる。

 

太陽は真上近くにある。

大きな荷物を引っ張るも背負うもきつい。

めっちゃ暑い。

 

坂道を歩いていると急に後ろから声をかけられた

 

 

すみません!!

 

振り向くと20代後半くらいのお姉さんが立っていた。

全然気づかなかった。

 

よく見ると、かなり下の方に車が止まっていて、

そこから走って追いかけてきてくれたようだ。

 

はいっ!?

 

 

あの、よかったらこれ使ってください

 

そういっておねえさんは両手をこちらに突き出す。

手には大きな氷を持っている。

 

 

今日暑くてお遍路さんも大変ですよね!

よかったらこれで身体冷やしてください!

 

 

おねえさんは今日開催している「ウルトラソウル」とかいう超長距離マラソンのランナーを応援するために車で回っているのだそうだ。

 

そして、選手たちにこうして氷や飲み物を提供しているのだという。

 

その時、たまたま遍路の僕を見つけて、

追いかけてまで氷を分けてくれたのだ。

お姉さんは、凍ったゼリーもくれた。

 

めっちゃいい人(*’▽’)

 

少し話をして、納札を渡し厚くお礼を言ってお別れする。

 

炎天下の中、頂いた氷を顔、頭、腕、体中にあてて熱をとる。

シャツはビショビショになったけどすぐに乾く。

 

手のひらと同じくらいの大きさの氷だったので結構長く持った。

ほんと、なんでこんなにみんな親切なんだろう。

氷で身体を冷やし、いただいた優しさに浸りながら歩く。

 

気づいたら坂を上りきっていた。

 

 

続く

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました