②13日目「たった一つの印象がすべての価値を決める⁉」32番札所禅師峰寺

13日目

(今日は13日目歩き遍路2018年5月23日の旅日記)

ーーー

前回はこちら

①13日目「霊廟の怪音!?」30番札所善楽寺~31番札所竹林寺

①13日目「霊廟の怪音!?」30番札所善楽寺~31番札所竹林寺
今回は、遍路小屋で起きてから、30番札所善楽寺、31番札所竹林寺までの遍路日記です。 (今日は13日目歩き遍路2018年5月23日の旅日記) ーーー 前回はこちら ④12日目「物静かな夜」~29番札所国分寺への道中 ...

ーーー

竹林寺を後にして、次は32番札所へと向かう。

32番札所「禅師峰寺」(ぜんじぶじ)は、竹林寺から6キロほどの距離なので、

1時間30分程度で着く予定。

 

禅師峰寺につくころには雨も本降りに。

 

 

写真に写っている人とちょっと話したんだけど、オーストリアからきたんだったかな。

お母さんと娘さんでお遍路している方でした。

 

そういえば、よく、ドイツから来たという外人の遍路を見かけたので、

一度聞いてみたことがあります。

ドイツ人の人多いけどなんで?

みたいに。

そしたら、向こうで有名なテレビで取り上げられたりして、

それで日本の遍路に興味を持つ人が増えたとかなんとか。

 

なるほどぉ

 

 

そっか~

 

うんうん

 

禅師峰寺にはこういうかわいい像がたくさんありましたよ。

 

そういえば、全然関係ない話なんだけど、

 

遍路を歩いてて、お地蔵さん一体欲しいなと思った。

 

もし、担いで持って帰るならあげるよ?

みたいなこと言われたら、担いで持って帰ってきたと思う。

80キロくらいありそうだけど。。。

 

そうそう、それと、

あと、お寺か神社も欲しいと思ってます(・∀・)

 

だれかくれる人いないかしら。

ー。

 

さて、32番札所でお経を読むお勤めを終え、

納経所で納経をいただく。

 

ここの納経所のおばちゃんがとても親切で、

こういう方がいるから本当に遍路が好きになる。

 

僕たちって、そういう一つの印象だけで、

物事の価値づけをしてしまう傾向があるけど、

それはしょうがない面もあるよね。

 

本質を見極めて大局を見ていくことは確かに大事なんだけど、

でも、もっともっとその点を突き詰めていくと、

そういう人間らしさそのものの中に、

人間の本質的な在り方が見えてくるような気がします。

 

そうそう、それから、おばちゃんに、

この先の遍路道の情報を聞いてみた。

 

というのも、この先の遍路ルートは地図だとフェリーを使うことになってる。

そもそもそのフェリーが運航しているのかわからないし、

運航していなければ大回りの別ルートで行かなくちゃいけないので、

行程が変わってくる。

 

おばちゃんはその辺の情報を丁寧に教えてくれた。

フェリーは運航していることと、運航の時刻表まで。

とっても助かりました。

 

今日はね、この次の次の34番札所「種間寺」(たねまじ)まで行きたいんだ。

というのも、種間寺には遍路に無償で提供してくれる部屋があるらしい。

もちろん、行ってみたところで、人数的に入れなかったり、

受付してなかったりすることもあるだろうから、

寝場所探しはいつも行き当たりばったりなんだけどね。

 

おばちゃんにお礼を言って、

禅師峰寺を後にする。

 

34番札所の前にまずは、

33番札所「雪蹊寺」(せっけいじ)だ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました