①10日目『空海の修業した御厨人窟へ』室戸岬

10日目

 

前回は「シレストむろと」の敷地内にテントを張ってお泊りしたところまででした。

(今日は10日目歩き遍路5月20日の旅日記)

ーーー

前回はこちら

②9日目『「シレストむろと」でテント泊』室戸岬まであと一歩!

②9日目『「シレストむろと」でテント泊』室戸岬まであと一歩!
前回は徳島県から高知県に入り、室戸岬を目指して海沿いを歩いているところでした。 (9日目歩き遍路5月19日の旅日記) ーーー 前回はこちら ①9日目『「修業の道場」高知県へ突入』宍喰~海沿いを歩く ーー...

 

ーーー

 

 

日の出を見るために朝4時半頃に起床。

なんとか風に飛ばされずにテント泊出来ました。

最後のほうに動画を載せますが、

めっちゃ風が強く、テントが持つか心配しながら一夜を明かしました。

 

今日は楽しみにしていた「御厨人窟(みくろど)」です。

ここは弘法大師空海が虚空蔵求聞持法という修業をして、

能力を開花させた洞窟だといわれています。

これは、虚空蔵菩薩の真言を100万回となえるという修行法ですが、

空海が100万回達成したとき、

明けの明星が口に飛び込んできたのだといいます。

 

 

御厨人窟の前の海沿いの遊歩道。

日の出に何とか間に合いました。

 

御厨人窟

 

残念ながら現在は立ち入り禁止のようですが、

普通にはいれてしまいます。

そして、僕の前に普通に入っていった女性がいたので、

続いて入っていってしまいました。

 

いけないいけない。

 

でも、せっかく、空海が見たであろう景色を写真におさめたので、

載せておきます。

 

 

マントラを100万回唱え、

ふと気づいてこの景色だったら、

明星が口に飛び込んできたと思うのも当然かもしれません。

 

御厨人窟の空海伝説は、意外と事実なのかもしれません。

 

※風の音がうるさいので音量に注意です。

 

 

続く

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました